トピックス

[会長論稿]一帯一路:共同研究機関で協力強化(人民中国)<進藤榮一>


進藤榮一 一帯一路日本研究センター代表: 共同研究機関で協力強化

2019-04-23 14:33:36 呉文欽=聞き手 続昕宇=写真

今月、第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムの開催が北京で予定されている。そして先月末までに、「一帯一路」に賛同し、中国との協力を示す文書に調印した国と国際機関はすでに150以上に達している。昨年10月、安倍晋三首相は訪中時に第1回中日第三国市場協力フォーラムに出席し、中日各界は52の協力覚書を締結した。両国の政治・経済界は、「第三国市場協力」によって中日両国が正式に「一帯一路」の協力を始めたものと見なしている。

米国国際政治を専門とする筑波大学大学院名誉教授の進藤榮一氏は早くから「一帯一路」に注目し、2017年には、日本初の「一帯一路」研究機関である「一帯一路日本研究センター」を設立した。「一帯一路」における中日両国の協力強化には、両国共同の専門研究機関が必須だと進藤氏は語る。

ネット記事の続きを読む (人民中国ネットのサイトへリンクします)

 

関連記事